MISASA Violin Workshop in JAPAN
www.violinworkshop.jp

第2回 みささバイオリンワークショプ 
2016年 3月 22日(火)−25(金) 終了しました。

講師にピーター・ベア Peter Beare 氏をイギリスより招きバイオリンのセットアップ、サウンドアジャストメントについて実演つきの講義を行っていただきます。

みささバイオリンワークショップ募集要項

開催期間

2016年 3月22日(火)〜3月25日(金)

開場

三朝バイオリン美術館/鳥取ヴァイオリン製作学校

講習の内容

第一部 3/22、23日
『バイオリンのセットアップとその調整』
初日はバイオリンのセットアップの考え方と技術についての講義を頂きます。2日目にはバイオリン演奏家を招き実際に楽器を操作しながらサウンドアジャストメントの実践を行いその評価を行ないます。

第二部3/24、25日 
『バイオリン製作の考え方、技法』
オールド・レプリカや自身のオリジナルのモデルなど幅広くバイオリン製作を行なっているベア氏にバイオリン製作のアイデアや技法について講義頂きます。

・講習は英語で行なわれますが専門の通訳が入ります。
ワークショップには参加者自身が課題としている作品、テーマ等を持参することができます。講師、参加者が意見を交換しながらよりよい解決方法を考えていくことを期待しています。参加者が積極的に自身の製作過程にある楽器や作品、課題をもってワークショップに参加することを期待しています。

参加資格

バイオリン製作者、修復者。プロ、アマ、学生を問いませんが高度に専門的な講義ですので既にバイオリン製作・修復に従事、修学していることが望まれます。

募集人数

25名

受講参加費

80,000円
<参加費に含まれるもの>
受講費、3泊4日の宿泊施設宿泊費(朝食、夕食含む)、昼食2食分、懇親会参加費、諸税
<参加費に含まれないもの>
会場までの交通費、会場・宿泊施設以外の飲食費

宿泊施設

三朝町営国民宿舎 ブランナールみささ
原則として参加者同士の相部屋となります(男女別/3〜4人部屋)。

申込方法と参加費の支払について

参加希望者は申込用紙(別紙)に必要事項記入して事務局までFAXで送信ください。

申し込み開始 2016年1月20日 AM10:00より

・申込は1送信につき1人分を受け付けます(1度に複数人分を送信の場合はすべての申込を受け付けません)。
・参加希望者多数の場合はFAXの受信順を優先順位とし定員名に達した順位の方までを第1次の参加受付とします。1次受付からキャンセルが出た場合優先順位の高い方から順に繰り上げて参加連絡を差し上げます。
・申込を受付け後、1次受付の方に参加費の請求書をFAX、またはメールで送信致します。
・請求書に記載の銀行口座に参加費をお振込み頂きお支払いが完了した時点で参加手続き完了となります。
代金の請求から7日以内にお支払いがなかった場合はキャンセルと見なします。

問い合わせ先

みささバイオリンワークショップ事務局
岡野 壮人(おかの たけひと)
〒682-0123 鳥取県東伯郡三朝町三朝199-1
みささ美術館 鳥取ヴァイオリン製作学校 気付
TEL : 0858-43-3111 FAX : 0858-43-3133
misasamuseum@icloud.com