MISASA Violin Workshop in JAPAN
www.violinworkshop.jp


参加申込はバナーをクリック!
申し込み締切は11月21日(水)です!

第3回みささバオリンワークショップ

今回のワークショップでは弦楽器修復について、特にニスリタッチの技術にフォーカスをあてて実施します。英国より著名な修復家アイリス・カー氏を招いてセミナー形式の講習会(東京)と実技の実践講習のワークショップ(鳥取)で開催します。

【2018.03.17 東京】アイリス・カー弦楽器修復セミナーの案内

【2018.03.19-22 鳥取】アイリス・カー氏 弦楽器修復ワークショップの案内

講師 アイリス・カー IRIS CARR プロフィール

アイリス・カー氏 プロフィール写真.jpg1996年に英国のNewark School of Violin Makingを卒業後ロンドンのJ&A Beareに勤務。2004年8年間勤めたJ&A Beareを退社し、自身のスタジオで活動を始める。the French ViolinmakingAssociation Aladfiのリタッチコース講師、VSAのOberlinSummer Restoration Workshops講師、英国West DeanCollegeの修復コース講師なども務める。現在世界中の有名バイオリンディーラー、演奏家たちが信頼を寄せる弦楽器修復家の一人である。

バイオリンワークショップ  

ワークショップでは弦楽器の世界で活躍する製作家、修復家、研究家、専門家を招聘し最新の技術や知識を紹介してもらいつつ、参加者が新たなテーマや課題を見出すことを目的にしています。

全世界で弦楽器を演奏する人口は目覚ましく増えてきました。また、弦楽器の製作や修復に関する技術、知識、意識は21世紀に入って増えてきたり変わってきたりしています。急速に変化する環境に私たち日本のルシアーもアンテナを高くもって楽器の製作や修復に取り組むことが必要でしょう。

このワークショップでは講師が技術や知識を参加者に一方的に講義することを目的にしていません。講師にはその経験を講習していただきますが、講師を含む参加者がこれからのバイオリン製作や修復に対して「気付き」が得られる機会を提供しようと企画しています。